« 2007年10月21日 | トップページ | 2007年10月26日 »

2007年10月25日

2007年10月25日 (木)

君が代

わたしゃ国歌にしちゃ、短い歌だなあ・・・と
子供の頃から思っていた。
ようは和歌じゃないか。

我君は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで

は、平安時代の延喜5年(905)に成立した
一勅撰集『古今和歌集〜読み人しらず」に収められている
長寿を祝う「賀歌」である。

あなた、小石が大石になって苔が生えるまで長生きしてくださいね

と言う意味であろう。
「我君」が現在の「君が代」になったのは、「古今和歌集」より約100年後の
1013年に編集した「和漢朗詠集」である。
「代」は年齢で、江戸庶民が謡うと

こなた百までわしゃ九十九まで、ともに白髪の生えるまで

と、どなたもよくご存じのものになる。
これを前戦争当時「君」を「天皇」とし、

天皇陛下何時いつ迄も、長生きしてください

と解釈させたのであろう。
ちなみに「さざれ石(細石)」とは、鶴岡八幡宮(鎌倉) や
出雲大社(島根県) 、金比羅宮(香川県) 日枝神社(赤坂) など、
全国に祀られている神聖な石のことである。
自然の小さな石が、永い間、外気にさらされ、風雨がしみて小石が集まり、
巌(いわお〜大岩)となり、時を経るうちに、苔が生えたもの・・・・と
されている。わびさびの世界ですわ。

Sazareishi
さざれ石

国歌が国内でも取沙汰されている、昨今。
国は「君が代」の解釈をちゃんと説明すれば良い。
元々の意味で良いではないですか。天皇陛下だって、きっと賛同しますよ。
壮大で素晴らしい国歌です。
オリンピックやワールドカップ、世界タイトルマッチなどで流れる時、
胸を手にあてている選手達は、神聖に見えます。
かっこいいんだよね。
国歌は私の国は独立国であります・・・と言う意味でしょ。
誇りを持って、位置付けしなさいよ。
それが出来ない国家は「ひん曲がった愛国」の上に
成り立っていると言うものではないでしょうか。

| | トラックバック (0)

日本人と中国人の顔

Corj_2

このチラシは第二次世界大戦の頃、アメリカ軍が日本人と中国人の
顔の違いについて作ったものだそうです。
「C」が中国人。「J」が日本人。
何がちがうんでしょね?!同じじゃん!
こんなのばらまいたら、よけい混乱するぞ!
日本人だっていろんな顔あるのにねえ。
おおまかに南方系と北方系の顔があんだぜ。

映画「ホテル ルワンダ」を思い出す。
フツ族とツチ族の内戦を描いたものだ。
2部族の見分け方って奴。フツ族とツチ族の違いである。
統治していたベルギー国は、鼻の穴の大きさ、肌の色の薄さ・・・で分け、
族分け発行書を作成しているのである。
映画の中で、外国人ジャーナリスト (あの リバー・フェニックス の弟)が
言う。
「そんなの見た目じゃわかんなんぜ」

なに、考えてるんでしょうかねえ?お偉方って。

| | トラックバック (0)

« 2007年10月21日 | トップページ | 2007年10月26日 »