« 2007年10月30日 | トップページ | 2007年11月1日 »

2007年10月31日

2007年10月31日 (水)

かどやの槍かけだんご

Kadoya

JR北千住駅近くの宿場町通りの奥にある、お団子屋さんです。
「かどやの槍かけだんご」と言いますね。
見よ!この店構えを!豆腐屋にしか見えん!
いやいや、しぶい店構えではありませんか。わたしゃお気に入りであります。
おじいちゃんとおばあちゃんが、やってます。

Dango

なにせ駅前にはルミネや丸井があり、出店がわんさかありますが、
「槍かけだんご」の方が安いし、だんぜん美味しい!で、わたしゃ、
わざわざ距離もあるのに、苦にもせず歩いて買いに行きます。
「もう売り切れではないか?」と、はらはらしながらイソイソと早歩きで
買いに行きますのです。はい。
小ぶりの串だんごが有名ですが、まめ餅も美味しいんですよ。

向島言問橋麓の「埼玉屋小梅」のお団子に
味が近いですね。

年中無休
東京都足立区千住5−5−10

| | トラックバック (0)

ミロンガ・ヌオーバ

Mironga

神保町ミロンガ・ヌオーバに行った。
炭火焙煎珈琲、世界のビール&タンゴ音楽。
レトロな昭和の古き良き喫茶店。

実は以前から追い求めている珈琲がある。
コクと苦みと、ほどよい甘みのある珈琲。
甘みと言っても砂糖の甘みではない。珈琲自体の甘みである。
東上野にあった狐狸庵と言う喫茶店で飲んだ珈琲が
忘れられない。20年ほど前の話なのである。
最近、行ってみたのだが店のある所が わからなく、
見つからなかった。もう閉めてしまったのかもしれない。
それがわたしのベスト珈琲なのである。(かなりの独断と好みの
問題である) なのであるが、はっきり「これです!」と
言えない歯痒さが今もある。

ミロンガ・ヌオーバのブレンドが、これに近い。
今はさほど馴染みとも言えないのであるが、そのうちここの
ブレンドの話を 聞きたいと思っている。謎解きが出来るかもしれない。
ミロンガは真ん中に大きな木のテーブルがあり、2部屋に
別れている。喫煙と禁煙だったと思う。
壁には世界中の缶ビールやらが飾ってある。
トイレ に行けば、ここの古さがよくわかる。あまり奇麗とは
言えなく、古い。しかも和式トイレである。
お店をよくトイレの清潔さで決める人がいるが、
わたしゃ関係ない。きちんと掃除がしてあればなんでも良い。
お店には3人の女性がいた。
感心したのはとても丁寧に珈琲を持って来る。

Nuoba02_2

壁に埋め込んだ年代もののスピーカーからタンゴが流れる。
横の席には老夫婦がいる。2人でブレンドを飲みながら、
タンゴの 写真集を覗き込んでいる。
前の席のおじさんはハイネ ッケンの黒ビールを傍らに、
耳を傾けている。
わたしなんぞはブレンドを飲んだ後、真似してハイネッケンの
黒ビールも頼んだ。
その後、ケーキ も食べてしまった。

まだ ヨーロッパが憧れだった時代の喫茶店である。
一言ことわっておくが、わたしゃタンゴ音楽に何の興味もない。

東京都千代田区神田神保町1-3
営業時間:平10:30〜23:00 土曜・日・祝11:30〜19:00
定休日:無休


| | トラックバック (0)

« 2007年10月30日 | トップページ | 2007年11月1日 »