« 2007年11月27日 | トップページ | 2007年11月29日 »

2007年11月28日

2007年11月28日 (水)

鎌倉~上生御菓子処 美鈴

Misuzu01

鎌倉八幡宮を隔てて両際に小町がある。
せつに小町と言うと「美鈴」と言う和菓子屋を耳にしていたが、
詳細は知らない。
例の有名な小町通りとは反対側の住宅地になる。

Misuzu02

小町は歴史のある町で山から海にかけて神社、仏閣が多い。
そんな時、前を人力車が行き交った。車が多く、車夫も大変である。
うろうろしながら、ここ辺りも道がらからの路地がきれいだ。
鎌倉はどこも路地裏がきれいだ。

東京下町とは雲泥の差だが、こきたない下町も味がある。
路地裏の写真を撮っていたら、おばあちゃんに
いきなり「美鈴はここを入るんだよ」と教えてくれた。
別に聞いたわけじゃない。
ここら辺りを観光客風の人間がうろうろしてれば美鈴に
用がある・・・と地元の人は思うのか?

Misuzu04

なにはともあれ当たっている。さる史跡後看板の出ている路地を入り
(実は看板上のこの先にも興味があり、実はそこも行っている)

Misuzu05

上を見ると美鈴の看板が電信柱にあった。
その横の私道を入ると奥にあった。

Misuzu

なんとも小さい。目立たないがきれいな軒先である。
わたしゃ、街道筋のりっぱな店を思っていた。
はてさて店先に和菓子がない。
先に来ていたお客さんが予約した和菓子を手にしていた。
ありゃ?そうなんだ。予約なんだよ。
と、なにも話さず、そそくさと引き上げてしまった。

なんともお粗末なことである。また近々来ることになるから、それまで
おあずけ・・・と言うことで。

どどど!と押し寄せてもいかん・・・と言う店であろう。
こういう営みをしている所がある・・・と言うことを言いたかった。


上記までは今春、某他BLOGで書いたものである。
実は先週行って来た。
その後、店先にいくつかのお菓子を置いている・・・と知ったので
行ってみたのだ。
なんともすごい人垣が周辺に出来ていた。
最近、某女性雑誌表紙にでかでかと出ていたことの影響であろう。

どどど!と押し寄せてもいかん・・・と言う店であろう。

と書いたことが当たっていた。
雑誌にでかでかと出れば、そんなもんであろう。
休日でも静かだったこの辺りは一変していた。
結局なにも買わず、またまた帰ったのである。そんな連中の
仲間だとは思われたくないので。

実は前回は周辺写真なども載せて、わかりやすくしていたが、
今回は写真も詳細も書かないことにした。

|

« 2007年11月27日 | トップページ | 2007年11月29日 »