« 2007年12月11日 | トップページ | 2007年12月13日 »

2007年12月12日

2007年12月12日 (水)

リールズ西洋釣具珈琲店

Kisibozin01

鬼子母神と言えば、台東区入谷が有名であるが、雑司が谷にもある。
鬼の漢字の上の点がない。点を取っているのである。
実際にはそういう漢字はない。

Kisibozin03

伝説によると、
鬼子母神は般闍迦(Pancika パーンチカ)と言う神の妻で、
1000人もの 子ども がいた・・・と言う。
子供 たちを育てるため人間の子供を食べていたそうだ。

まさに鬼である。

民たちは恐れ苦しみ、お 釈迦 様に相談し、鬼子母神の子供を隠した。
鬼子母神は途方に暮れ、お釈迦様に助けを求めた。
お釈迦様は
「1000人の子供の内、たった1人居なくなっただけで、おまえは
このように嘆き悲しみ私に助けを求めている。
たった数人しかいない子供をおまえにさらわれた人間の親の悲しみは
どれほどであっただろう。子供の愛おしさは人間も鬼神も変わりはない」
と言い、子供を鬼子母神の元に返した。

鬼子母神は改心し、お釈迦様の教えを守った。
これ以降、鬼子母神は鬼ではなく仏教と
子供の守り神となったのだと言う。鬼ではなくなったので点 (ツノ)を
取ったのだそうだ。

Kisibozin02

と、さる仕事で鬼子母神を調べなければならなくなり、
実際に来てみて、そのままJR目白駅まで歩こうと思ったのであるが、
ひと休みするにはちょうど良い場所で喫茶店を見つけた。
行きは都電で来たが、気づかなかった。

Reels
Reels

さてリールズがそういう土地柄にあるからと言って、鬼子母神とは
何の関係もないだろうが、都電鬼子母神駅前にある。
店構えは、この土地には似合わない感じはあるが、何も合わせる
必然性もない。

釣りと珈琲をこよなく愛する店主の店らしい。
わたしも釣りをするが、黒鯛釣りが主である。
ここの店主はルアーであるらしい。釣りとしては、まったく釣方が
異なるものなので共通点はあるようでない。

店内はゆったりとしていて、おくゆかしく売り物であるリールや珈琲道具、
ビスケット が置かれている。店内の椅子やテーブルも購入できるらしい。

本日の珈琲(ちなみにこの日はガテマラ)は450円であった。
丁重にミルを使い、 ネルドリップ で入れている。わたしゃ紙だろうが
ネルだろうが、なんでもかまわない。
出来上がるまで時間がかかるが、中々美味しい珈琲である。

サイフォンの容器の中のあまった珈琲と 一緒にカップを持って来てくれる。
約1杯半は楽しめるのである。
1杯では物足りないものであるので、ちょうど良い量になる。
ただ、あわてて飲まないとサイフォンの珈琲が冷めてしまうのは、
いた仕方ない。すぐ頭の中を金銭的に考えてしまうが、
なにはともあれ、お得である。


リールズ西洋釣具珈琲店
東京都豊島区雑司が谷2-8-6
TEL/ FAX :03-6913-6111
http://reels.jp/

|

« 2007年12月11日 | トップページ | 2007年12月13日 »