« 2007年12月27日 | トップページ | 2008年1月1日 »

2007年12月30日

2007年12月30日 (日)

丸、三角、四角

ストーンヘンジ(環状列石)やピラミッドは今も謎である。


Stonehenge
イギリスのストーンヘンジ

ストーンヘンジは、一体誰が造ったのか?わかっていない。現在のイギリス人、
アングロ・サクソン人がブリテン島に移住した時にはすでに存在していた。
考古学者は、紀元前2500年から紀元前2000年の間に立てられたと
結論づけている。しかしそれを囲む土塁と堀は紀元前3100年頃まで
遡るらしい。
秋田県鹿角市大湯のストーンサークルは、なんと1万〜1万5000年前の
十和田山噴火の火山灰の下から出て来た。


Nonaka
日時計とも言われる野中堂ストーンサークル

野中堂のストーンサークルに於いて(秋田県鹿角市大湯のストーンサークルは
2か所、万座と野中堂と言う所にある)この上部に磁場異常が確認された。
巨石を一定の法則で並べると赤外線幅射の効果が得られることが
わかったと言う。


Piramid
エジプトのピラミッド

ピラミッドパワーは今では知られた話で、たとえば紙でよい、ピラミッド型の
四角錐のものを東西南北にあわせ、中にリンゴでも入れておくと
そのまま置いたより長持ちするのである。

そう言えば、ピラミッドも巨石を一定の法則で積んだ構造物だ。
環状列石は大体が円であるが、ピラミッドは三角と四角。
共通して言えることは、共に何かしらのパワーを噴出している点と
何のためのものか?だそうだ。
超自然的なパワーが存在することは科学で証明されたが、
なぜ?そんなことでこんなパワーが発揮するのか?
そのエネルギーは一体どこから来るのか?
それをあみ出す方法を一万年以上前の古代人(環状列石を造った者は
人がどうか?)、5000年前のエジプト人は知っていたのである。
目的は未だ解明出来ず・・・。


秋田県鹿角市大湯のストーンサークルサイト
おすすめサイトに記載


今年はこれにて。
今年いっぱい、ここを見に来てくれた人達に感謝です。
忙しさにかまけて、コメントなどは受け付けられませんが、
来年も鬼棲夜館をよろしくです。

|

« 2007年12月27日 | トップページ | 2008年1月1日 »