« 2008年4月6日 | トップページ | 2008年4月12日 »

2008年4月7日

2008年4月 7日 (月)

本来、上野公園はなかったと言うお話

Ueno01

上野駅周辺は江戸時代、徳川の菩提寺の一つであった
「東叡山寛永寺(とうえいざんかんえいじ)」と言うお寺だったことは
知られた話である。

Kaneizi

Kaneizi02
「東叡山之図」 玉欄斎橋本貞秀画一部

今でも裏手に細々と寛永寺はあるが、昔は駅周辺から三ノ輪、不忍池までの
大きなものだったそうで、江戸城の丑寅 (北東)の方角、鬼門を
封じるために、この地に建てたのが始まりである。
江戸城は風水によって建てられている。
そのため虎ノ門など言う名にもその形跡が残っている。

上野の裏町、谷中がお寺町なのはそういう経緯に寄っている。
徳川慶喜と奥方のお墓も谷中墓地にある。
今でも上野公園には当時を思い起こすことが出来る、東照宮、寺、神社、
大仏像跡などが見受けられる。

Ueno03

さて、時はうつり徳川の繁栄も崩壊すると、彰義隊 (しょうぎたい〜
若い士族たち〜元侍の子達)がここに立てこもり、西郷隆盛が
現松坂屋に本部を設置し、これに立ち向かったが、伽藍は焼失、
一帯は焼け野原と化してしまった。

Taika
「明治元戌辰五月十五日東台大戦争図」歌川芳虎(永島孟斎)画一部
真ん中に黒門が見える。

Ueno02
彰義隊隊員の墓 
上野公園内西郷隆盛像後ろ

Ueno04

Ueno05
寛永寺西にあった黒門。丸い穴は銃弾の跡。
この門のあった場所周辺を昔、黒門町(現湯島辺り) と
言っていた。

Ueno06
彰義隊隊員個人の墓。

共に荒川区三ノ輪円通寺内

明治になって、ここに医学大学校を建てる話が持ち上がった。
まかされたのは、石黒 忠悳(ただのり)と言う医師であった。

Ueno07
石黒忠悳(1845〜1941)

上野の山を全部、大学にしちまおう!って計画である。
設計図なども出来上がった頃、石黒はちょうどA・F・ボードウィンと
言うオランダ医師に会ったのである。

Ueno08
アントニウス ・ボードウィン
Anthonius Franciscus Bauduin
在日期間1862-1866,1867,1869-1870

彼は幕末にオランダ政府が派遣 した医学教授で、
帰国のためちょうど東京にいた。
石黒は「上野に大学をつくるんです。設計図もあります。
案内しますから、ぜひ来て下さい」
と言い、得意満面で共に上野に行ったのである。

ボードウィンは見るなり「だめだ、このプランは止めたまえ。
都市には緑が必要なんだ。それを丸裸にして大学をつくるなんて、
君たちは大きな意味でまちがっている」と言いはなった。
「ここは公園にしなさい」。
焼け野原になったとは言え、大きな樹木がところどころに
あったのである。

Ueno09

「公園ですか?」石黒はショックであったにちがいない。
石黒に限らず、当時の日本人に「公園」と言う都市空間思想など
あるわけもなく、都市においての緑がどうなんだい?と思ったに
ちがいなかった。
ボードウィンが言うことだから「緑は必要なんだ!」と思い込んだ。
思うに、その後都市森林と言う思想を勉強したのではないか?

それを政府の偉い人たちに説いた。
そのかいあり、上野の森は残すこととなり、本郷の加賀屋敷、
富山藩邸を借りてつくり上げることになったのである。

Akamon
東京大学に今も残る赤門(元加賀藩邸門)

それが東京大学である。
それでも政府は博物館や美術館、道路をつくって、樹木を切った。
が、ともかくも上野恩賜公園として残ったのである。

わたしゃ、博物館も美術館も好きである。
東京藝術大学の学生が芝生の上でキャンバスを手にしている姿、
子供の頃からの遊び場だった上野動物園、小学生の頃、観た
ツタンカーメン、国立科学博物館のTー レックスの化石 。
それが上野公園の風景である。

ボードウィンは物資の豊かさではない、都市においての緑、
都市森林と言う思想を教えてくれたのである。
上野にこの大きな公園がなかったら、東京も随分と
殺風景な町になっていたであろう。

石黒忠悳氏は年老いてから回想録を書いている。
「ボードウィンに言われてはじめて、自分には公園と言う
思想もなかった。都市に公園が必要なんだと言うことを
知らなかった」

彼は当時、きっとその イメージを思い浮かべたにちがいない。
緑のない都市と緑豊かな都市。
この聡明な人がいなければ、上野公園もなかったのである。

ちなみに石黒忠悳氏の息子さんは後、戦前の農林大臣になった
石黒忠篤(ただあつ)氏である。

Ueno10
石黒忠篤


参照:司馬遼太郎「十六の話 樹木と人」、台東区史

|

藝大アートプラザ

Geidai

東京藝術大学門の脇を奥に行くと「藝大アートプラザ」がある。
大学が企画開発した作品や、教員等の創作作品を
展示販売している購買施設である。
美術や音楽の専門書、奏楽堂演奏会のチケットなども置かれている。

Kanban

Shop2

Shop1

買い物あとや散策後に、店前の中庭(ガーデン)で
ひと休みするのもいいでしょう。
ジュースや珈琲の自動販売機なんかも置いてあって
なかなか落ち付きます。

東京藝術大学
東京都台東区上野公園12-8

詳しいことは、
おすすめサイト東京藝術大学〜組織・付属施設等
〜左メニューから藝大アートプラザにアクセス

|

« 2008年4月6日 | トップページ | 2008年4月12日 »