« 2008年5月12日 | トップページ | 2008年5月31日 »

2008年5月18日

2008年5月18日 (日)

竹内文書の謎

Monzyo

これは竹内文書の一部で、神代文字と言う古代文字で書かれている。

Monzyotutu

開かずの壷・・・・その竹内文書が収められている壷である。

竹内文書と書いて「たけうちぶんしょ」と読んでしまうが、
「たけうちもんじょ」または「たけのうちのもんじょ」である。
竹内文献、磯原文書、天津教文書などとも言われたりする。

さて竹内文書とは何であるか?と言うと、古事記よりも古い日本歴史だと
言うが、その内容は途方もなく、天孫降臨は外宇宙から来た宇宙生命体
であり、天皇は世界の大王だったとしている。
宇宙の創世から地球の創世も行なったと言うのである。
ビッグバンさえ起こっていない紀元前3175億年に上古初代天皇が存在し、
上古2代天皇の在位が320億年に達している。

日本列島は五大陸の象徴で、たとえば四国はオーストラリア、九州はアフリカ、
本州はヨーロッパ、北海道はアメリカ、台湾が南米大陸だとしている。
神たちは日本に集結し、世界を監視していた。
菊の御紋の花弁は日本で、花びらは世界の方角を指し、日本を中心とした
構成なのだと言う。
「文書」とは言うが、文章ものだったり、地図や表だったりと内容はバラバラ
なんだそうだ。そのごちゃごちゃになったものをひっくるめてまとめたものを
「竹内文書」と言っている。

「イスキリス・クリスマス(イエス・キリスト)の遺言」という「イスキリス・
クリスマス。福の神。八戸太郎天空神。五色人へ遣わし文」で始まる文書が
あり、それによると十字架上で死なずに渡来。ゴルゴダの丘で処刑されたのは、
弟のイスキリと記する。
1935年(昭和10年)8月初に竹内巨麿が青森県の戸来村(現在の新郷村)
で発見した十来塚が「イスキリス・クリスマス」の墓である。
モーセの十戒は実は表十戒、裏十戒であり、真十戒を天津教の神宝として
天津教が所有し、天皇が来日したモーセに授け、モーセの墓が石川県の
宝達志水町に存在している。
釈迦をはじめ世界の大宗教教祖はすべて来日し、天皇に仕えたことになって
いる。

世界には五色人(いついろひと)。
黄人(きびと、日本人を含むアジア人)、
赤人(あかびと、ネイティブアメリカンやユダヤ人等)、
青人(あおびと、肌が青白い。現在は純血種ほとんどなし)、
黒人(くろびと、インドの原住民族やアフリカ人等)、
白人(しろびと、白い肌やプラチナ、ブロンド髪をしたヨーロッパ人)
が存在していた。

皇祖皇太神宮が全世界の中心である。
3000年以上前の上古2代天皇の時代に16人の弟妹たちが全世界に散らばった。
不合朝69代神足別豊鋤天皇の代にミヨイ、タミアラが陥没したとムー大陸や
アトランティス大陸を思わせる記述があったりする。

三種の神器はヒヒイロカネと言う金属で出来ていて、地球外金属である。
幾万年経っても錆びない。表面は光輝いている。
(アトランティスのオリハルコン?)

参照:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』、
「超図解」竹内文書、「超図解」竹内文書2

昭和の戦前に「偽物」と判定されたが、研究が進めば進むほど信ぴょう性が
あると言う。これを信じろ!と言うほうに無理があるが、世界の不思議な事柄、
オーパーツなどの話と奇妙に一致するものが多々あり、いまも真偽が
取沙汰され、謎である。
とにかくこの文書は膨大なものなので、詳しくは書けないが、
ネット検索で「竹内文書」と記すれば、山のようにヒットする。

|

« 2008年5月12日 | トップページ | 2008年5月31日 »