« 2008年6月28日 | トップページ | 2008年7月12日 »

2008年7月6日

2008年7月 6日 (日)

手のひらモバイル

Iphone_2
iphone

手のひらモバイルが販売されている。
つまり、携帯電話とパソコンが合体した手のひらサイズの奴だ。
技術の進歩ってのはすごい!あんな小さくなっちゃった。

しかし・・・である。
あんなこまっちゃけたキーボードって打てるかい?
わたしゃ無理だ。2つ3つ一度に押しちゃう。
ようは小さすぎて扱いづらいし、置いて操作しても機器が
打ち込みの震動で動く。

進歩は認めるけど・・・これってどうなんだい?
と言ったところでわたしにゃ用がない。

そんなところで噂のiphoneが出た。
Macは時々こういう発想をする。

思えば今在るOS関係の扱いやすさはMacが最初に始めにやった。
iPodは再生機器の歴史を変えた。

こういう発想がわたしゃ好きなのです。
色々と問題は出て来るであろうが、新しい発想が今の携帯電話会社にはない。
携帯電話なんて、どれもたいして見栄えも性能も変わりゃしないじゃないの。
iphoneは、これからの携帯電話のあり方を変えてくれるかもしれない。
と、言って自分は買うわけじゃないんですねえ。

褒めてばかりもいられない。
問題は液晶画面だ。液晶は電池を食う。
携帯電話もiPodもiphoneも同様。
1日ごとに充電しなけりゃもたなくなるであろう。
ワンセグなんかやってたらどうなんだろう?

つまり一番最初にやることは長時間対応の充電池の開発。
少なくとも1週間ぐらいは持ってくんなきゃねえ。
1日ごとの充電じゃ充電回数も限られているのに。

全面液晶ってのもなんか恐い。
その証拠に巷で全面液晶の携帯電話使ってる人って
少なくない?

それにやっぱりメール打ちがやりずらい。

そんなことはみんなわかってるんだよね。
見た目に騙されるなよ!
だけど声を大にして言わないとメーカーに
好き勝手にやられるよ。

わたしゃこち亀でもやってた
G-ショック携帯(すこぶる頑丈!完全防水)がいい!
+スーパースタミナ充電器。

けなしてんじゃないよ。
技術は確かに凄いんですよ。
だけどよく言う
「お客さまのニーズに合わせて」
ってことならそこんとこよろしくお願いしますよ。
と、おじさんは実質面を重視しちゃうんですよ。

|

« 2008年6月28日 | トップページ | 2008年7月12日 »