« 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月11日 »

2008年8月10日

2008年8月10日 (日)

アイ、ノウ

Nishimazyo
西の魔女が死んだ


「魔女修行をしましょう」

不登校生のまいに訪れた、一夏の英国人のおばあちゃんとの森の暮らし。

「おばあちゃんは魔女なんだよ」

とハーフのおかあさんが言う。
おばあちゃんには「西の魔女」と言うあだ名がある。


「おばあちゃん、人は死んだらどうなるの?」
「わたしも死んだことがないからわかりませんが、知ってることを話しましょう」


「わたしが死んだら、まいに真っ先に報せます」


ニシノマジョ カラ ヒガシノマジョ へ

オバアチャン ノ タマシイ ダッシュツ ダイセイコウ


発表から10数年経っても人気が衰えない、梨木香歩原作の130万部以上の
大ロングセラー。
はたしておばあちゃんは魔女だったのか?
まいにもその血が流れているのだろうか?

「学校はわたしに苦痛しか与えない」
と言っていた、まいにおばあちゃんは命をもって、明日への光を与える
のである。

わたしゃ、原作・・・小説を読んでいて、今回のこの映画化が悪くなるはずはないと
確信していた。
期待通りで特におばあちゃん役のサチ・パーカーは素晴らしい。
演技とは思えない自然さ。あの優美さ、立ち振る舞い。
この人を選んだ演出家に拍手!

たんたんとした話ですが素晴らしい佳作です。


サチ・パーカーは、日本ではあまり知られていない。
(わたしも知らなかった)大女優シャーリー・マクレーンの娘である。
本名はサチコ・パーカーと言う。親日家の両親の元、おとうさんと幼少を日本で
暮らしたそうだ。
バリバリのアメリカ人だが、両親は「サチコ」と命名した。
役者になったのは、かなり遅く、かの「バック・トゥ・ザ・フーチャー」で
脇役として出ている。探してみてください。
この映画では、特殊メイクをしているのですが、素顔はとても奇麗な若々しい
50代とは思えない女性です。


元来、魔女と言う女性はサバイバル能力・・・たとえば薬草などの知識に特出した
人達を指していた。大昔、彼女たちは尊敬されていたらしい。
あやしい呪術も昔は日本でも卑弥呼が君臨したように尊敬されていた。
堕胎などもやっていたらしい。
それが中世ごろになるといつのまにか「悪魔と契約した女」になり、忌み嫌われ、
火あぶりにされた。


魔女って本当は、まいのおばあちゃんみたいな人達だったんだろう・・・・
この映画はそんな気にさせてくれる。


映画「西の魔女が死んだ」オフィシャル・サイト
http://nishimajo.com/top.html

|

« 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月11日 »