カテゴリー「以下、無用なことながら」の39件の記事

2008年11月 8日 (土)

大波野郎

サーフィンってのはやったことはないが、昔から憧れではある。
この映像なんか凄まじいわねぇ。命懸けだわ。
男の中の男って感じ!

|

2008年8月26日 (火)

ミステリーUFO

Ufo_2


動力も何もないのに浮かび上がる・・・なんだ、こりゃ?!
今年6月に東京ビッグサイトで開催された「東京おもちゃショー2008」。
数あるブースの中で一際注目を浴びた謎の飛行物体
それがMy Mystery UFO!

そろそろ発売?って感じかな?
お値段も手ごろだし‥‥‥面白そーーーーー。


My Mystery UFO - toy floats in mid-air!!!  YOUTUBE

|

2008年8月10日 (日)

アイ、ノウ

Nishimazyo
西の魔女が死んだ


「魔女修行をしましょう」

不登校生のまいに訪れた、一夏の英国人のおばあちゃんとの森の暮らし。

「おばあちゃんは魔女なんだよ」

とハーフのおかあさんが言う。
おばあちゃんには「西の魔女」と言うあだ名がある。


「おばあちゃん、人は死んだらどうなるの?」
「わたしも死んだことがないからわかりませんが、知ってることを話しましょう」


「わたしが死んだら、まいに真っ先に報せます」


ニシノマジョ カラ ヒガシノマジョ へ

オバアチャン ノ タマシイ ダッシュツ ダイセイコウ


発表から10数年経っても人気が衰えない、梨木香歩原作の130万部以上の
大ロングセラー。
はたしておばあちゃんは魔女だったのか?
まいにもその血が流れているのだろうか?

「学校はわたしに苦痛しか与えない」
と言っていた、まいにおばあちゃんは命をもって、明日への光を与える
のである。

わたしゃ、原作・・・小説を読んでいて、今回のこの映画化が悪くなるはずはないと
確信していた。
期待通りで特におばあちゃん役のサチ・パーカーは素晴らしい。
演技とは思えない自然さ。あの優美さ、立ち振る舞い。
この人を選んだ演出家に拍手!

たんたんとした話ですが素晴らしい佳作です。


サチ・パーカーは、日本ではあまり知られていない。
(わたしも知らなかった)大女優シャーリー・マクレーンの娘である。
本名はサチコ・パーカーと言う。親日家の両親の元、おとうさんと幼少を日本で
暮らしたそうだ。
バリバリのアメリカ人だが、両親は「サチコ」と命名した。
役者になったのは、かなり遅く、かの「バック・トゥ・ザ・フーチャー」で
脇役として出ている。探してみてください。
この映画では、特殊メイクをしているのですが、素顔はとても奇麗な若々しい
50代とは思えない女性です。


元来、魔女と言う女性はサバイバル能力・・・たとえば薬草などの知識に特出した
人達を指していた。大昔、彼女たちは尊敬されていたらしい。
あやしい呪術も昔は日本でも卑弥呼が君臨したように尊敬されていた。
堕胎などもやっていたらしい。
それが中世ごろになるといつのまにか「悪魔と契約した女」になり、忌み嫌われ、
火あぶりにされた。


魔女って本当は、まいのおばあちゃんみたいな人達だったんだろう・・・・
この映画はそんな気にさせてくれる。


映画「西の魔女が死んだ」オフィシャル・サイト
http://nishimajo.com/top.html

|

2008年7月23日 (水)

アメリカン・パイ〜萩尾望都

American_pie

ホラーやSFが萩尾望都の真骨頂だと思っていた。
彼女の恋愛コメディなどに興味はなかった。

しかし短編集などを買えばいろんな漫画が付いてくる。
「アメリカン・パイ」もその1つだった。
ついでに読んだつもりが・・・・感嘆した。
それからと言うもの萩尾望都のありとあらゆるものを
読みあさったのである。
男性漫画家にこの発想は出てこないだろう。
女流漫画家だからこそ・・・の漫画である。
と言うかこれは萩尾望都にしか描けない。
「アメリカン・パイ」は少しまえに宝塚歌劇団で舞台劇になった。


アメリカン・パイと言えば、70年代のドン・マクリーンの
ヒット曲。

♪So bye-bye, Miss American Pie
Drove my chevy to the levee
But the levee was dry
And then good old boys were drinkin' whiskey and rye
Singin' this'll be the day that I die
This'll be the day that I die ♪

さようなら, ミス・アメリカン・パイ
シボレーを走らせて防波堤に行った
けれどボクは落ちこんじまった
気のあった仲間たちとウィスキーやライ麦酒で酔っぱらっちまえ
きょうはボクが死ぬ日だと歌いながら
死ぬ日だと

飛行機事故で死んだロックンローラー、バディ・ホリーに捧げた歌。
当時の新聞に「音楽が死んだ日」と載った。
その日を歌ったものであろう。
意味不明な歌詞が多い。
this'll be the day that I die
の部分はいろいろと解釈があり、
(バディ・ホリーの曲に「that'll be the day (When I Die)」がある。
それをもじったものであろう)
ボクが死ぬ日・・・と訳す人
ボクが死ぬなんてことはない・・・と訳す人
萩尾望都は
もうなにもかもおしまいさ・・・と解釈したようだ。
全体の詩を見ると、わたしもそれが合っている気がする。


ストーリーは、
さえないシンガーソングライターのグランパと彼のアパートに転がり込んだ
不治の病の少女リューの物語。
リューはいつも鼻歌のようにアメリカン・パイを歌っている。
これは絶望の歌。

グランパはひょんなことから彼女が先のない日々を想い、
フランスからこのアメリカのフロリダに家出してきたことを知る。
或る日、気まぐれでリューにステージで歌わせる。
何気なく歌い出したその歌声は観客の息を飲み、魅了するが、
体調を崩し、その場に倒れてしまう。
それでも彼女は次の日から少しづつ歌いはじめる。


グランパの歌

♪古い古い歌が
誰が歌ったのかわからないくらい古い歌が
それをつくった人のことも歌った人のこともすべて忘れさられ
消えさっても
その歌は残ってるように
幾世代すぎても想いはともに時をこえ歌いつがれて
そこに残っているように
そんなふうに生命の消えぬ限り時の消えぬ限り
いや もしなにもかもが失われ消えても
果てぬ闇の底に想いだけは残るのだ
時の流れに星ぼしの輝きの下に
また幾千の命の中をどこまでもどこまでも
かけてゆくのだおまえの想いは…♪


そして彼女は逝ってしまう。

とてつもなくやさしい物語です。
グランパのような友人がほしくなります。
数十年前の漫画ですが、せつない美しさは今も古さを感じない。
グランパの歌のように。

|

2008年7月19日 (土)

入れ墨ファッション

Ai

今は少し人気も下降ぎみだが「和のアパレル」が流行りである。
少々気になることは「入れ墨柄」が多いと言うことだ。
これは世に言う「ちょい悪おやじ」なんかを意識しているに相違ない。

わたしゃ好きではないが、結構その品揃えは男をくすぐる。
T-シャツやウエストバッグ等で展開したのはうまいやり方だと思う。

これはとにかく「流行りもの」としか言い様がない。
しばらく経てば廃ってしまうであろう。


わたしが知っている好きな「和」は随分と異なる。
それは昔からあるものだが、実は日用品として、現代においては
必要とされるものはめったにない。
巾着だろうが、手ぬぐいだろうが、それより便利で使いやすいものは
山ほどある。

しかし、しかし・・・なんだな。
そのものは何年経っても飽きないではないか。
それほど素晴らしいものを先人たちは残している。
江戸小紋、紬、絣、臈纈染め、藍染めなどなど、布を思っただけでも
山ほどあるではないか。
こんな素晴らしい素材をなぜうまく現代に取り入れられないのか?

時代に合わす・・・・ではなく、進化させなくては
いけないのでは?
けれど職人たちが悪いのではない。どう生かすか?が
問題なのである。

それを知ってか和装屋さんなんかが、「ちょい悪おやじファッション」の
マニアルを生かして小物なんかを揃えるようになった。
わたしゃ、大歓迎なのだが・・・・でも、なんかなあ、ズレてんだよね。
ダサイんだよね。
あれはセンスが悪いのか?古い伝統に縛られて邪魔をしてるのか?
なんなんだろう。


てなことなんで、わたしゃ自分好みの「和物」を購入しては改良したり
している。
巾着をウエストバッグに改良したり古布を買ってはT-シャツにしたり
している。
不器用なんでラフ画を書いて、カミさんに作ってもらっている。

とにかく昔ながらの和関係さん、あなたたちが今やろうと
してることはセンスのズレ、現代とのギャップさえ修正すれば
「流行りで終わらないもの」になるんじゃないんですか?

それを聞きたければ、わたしのところに来なさい。(笑)

|

2008年7月 6日 (日)

手のひらモバイル

Iphone_2
iphone

手のひらモバイルが販売されている。
つまり、携帯電話とパソコンが合体した手のひらサイズの奴だ。
技術の進歩ってのはすごい!あんな小さくなっちゃった。

しかし・・・である。
あんなこまっちゃけたキーボードって打てるかい?
わたしゃ無理だ。2つ3つ一度に押しちゃう。
ようは小さすぎて扱いづらいし、置いて操作しても機器が
打ち込みの震動で動く。

進歩は認めるけど・・・これってどうなんだい?
と言ったところでわたしにゃ用がない。

そんなところで噂のiphoneが出た。
Macは時々こういう発想をする。

思えば今在るOS関係の扱いやすさはMacが最初に始めにやった。
iPodは再生機器の歴史を変えた。

こういう発想がわたしゃ好きなのです。
色々と問題は出て来るであろうが、新しい発想が今の携帯電話会社にはない。
携帯電話なんて、どれもたいして見栄えも性能も変わりゃしないじゃないの。
iphoneは、これからの携帯電話のあり方を変えてくれるかもしれない。
と、言って自分は買うわけじゃないんですねえ。

褒めてばかりもいられない。
問題は液晶画面だ。液晶は電池を食う。
携帯電話もiPodもiphoneも同様。
1日ごとに充電しなけりゃもたなくなるであろう。
ワンセグなんかやってたらどうなんだろう?

つまり一番最初にやることは長時間対応の充電池の開発。
少なくとも1週間ぐらいは持ってくんなきゃねえ。
1日ごとの充電じゃ充電回数も限られているのに。

全面液晶ってのもなんか恐い。
その証拠に巷で全面液晶の携帯電話使ってる人って
少なくない?

それにやっぱりメール打ちがやりずらい。

そんなことはみんなわかってるんだよね。
見た目に騙されるなよ!
だけど声を大にして言わないとメーカーに
好き勝手にやられるよ。

わたしゃこち亀でもやってた
G-ショック携帯(すこぶる頑丈!完全防水)がいい!
+スーパースタミナ充電器。

けなしてんじゃないよ。
技術は確かに凄いんですよ。
だけどよく言う
「お客さまのニーズに合わせて」
ってことならそこんとこよろしくお願いしますよ。
と、おじさんは実質面を重視しちゃうんですよ。

|

2008年6月24日 (火)

ミスター讃歌

先日、プロ野球(巨人戦)とサッカー(ワールドカップアジア予選)、
バレーボール世界大会が同時中継されていた。

視聴率はバレーボールが12%。サッカーが16%。
プロ野球が10%そこそこでペケである。

わたしの独断では、まあ、サッカーはしょうがない・・・と思う。
自身もサッカー狂である。
世界から見れば、なんとも情けない日本サッカーではあるが、
応援してしまう。

しかし、しかし!である。
バレーボールファンには申し訳ないが、
プロ野球がバレーボール中継に負けるってどういうことよ!
情けないなあ。
けれど、確かに最近の野球はつまらない。ダサイ!
大リーグに名選手を持っていかれているからだ・・・と言われるが、
そうかなあ?

視聴者っつうのはビール片手におつまみで見てんだぜ。
ワクワクする場面を自分の好きなものを回りにつらねて、
至福の時間にしようと期待してるんだ。
そのワクワクがなけりゃ誰も見なくなる。

日本サッカーだって同じだ。バーレーンなんてところと
ああ、だらだらやってたらワールドカップなんて勝てるわきゃあない。
その意味で一番熱気があるのがバレーボールなんだろう。
おせおせで強豪チームと競り合うさまは、気持ちが良い。
しかし、ああもフジテレビのバックがあるとしらける。


Nagashima01_2

Nagashima02

長嶋さんよ!ミスターよ!
あの熱き野球よ!漫画の野球よ!

あんたがいなきゃ、やっぱ日本プロ野球はあかん!
日本の野球は幾数十年もあんたの人気に背負ってきたが、
やっぱり、あんたの野球がめっちゃ面白い。
あんたが面白い!
あんたがいたから日本は元気だった。
みんな、あんたが好きなんだ。
年齢的にも肉体的にも、もう限界なのはわかっちゃいるが
野球は長嶋さんが象徴だったんだと
いまさらながら痛感している。

ミスターの一番好きな写真を添える。

|

2008年6月21日 (土)

答えは1つ

Bill_2_2

たとえ話である。

数式と言うものの答えは1つである。

「答えは1つ」と言うことはそれしか結論はない。
いろんな数式を当て込んで答えの出し方を訓練する。
数学とはそういう学問的性質のものである。

と、言うことは基礎的には人一倍勉強し、数式を記憶すれば、
そんな難しい学問ではない。わたしでも100点近くが取れるかもしれない。
問題はその先に行くとわたしにはお手上げだ。

たとえば商人が売れたものを計算する。
幾ら儲かったか?純利益はいかほどか?
これに答えが幾通りも出たのでは、たまらない。
答えは1つで良い。

学者が学会で研究発表する。
彼の数式で計算出ししたものを公表する。
答えは1つでなければならない。

数学は学問の一種として、科学に、商業に幅広く貢献してきた。
答えは1つでなければならないものに対してである。

工業デザインや設計デザインなどは数学、力学など、時に物理学を持ち出す。
それを安全性、頑丈さなどの計算に使う。
答えは1つでなければならないよう、導く。


さて、わたしの仕事は商業デザイナーである。
特に商業デザイン仕事の結論ってものは1つではないし、
出した答えが「正解!」と言うものでもない。
で、あるから異なるデザイナーが1つのテーマで
別々に仕事をすれば、おのずと異なった結果が出る。

今現在、「じゃあ、これが良いですね」と1つを選んでも、
明日になれば変わるかもしれない、と言う曖昧さがある、
と、言うことはどれも正しいのである。

数式と言うものの答えは1つである。
未来永劫1つである。

さて、何か見えてきませんか?
日本がこの先どちらに転ぶのか?
答えは1つでなくてもよいものまで、強行にしてしまいそう。
それだったら創造性の欠如になりますが・・・・。

|

2008年5月10日 (土)

あ〜〜あっ!

Keyboad_2

あ〜〜あっ!
パソコンのキーボードに珈琲をこぼしてしまった。
ありゃりゃ、変換がおかしくなっちゃったわ。
しかたなくアキバにそそくさと新しいものを買いにいったのである。
なんと1,980円のものを見つけた。
安価だがまったく支障なし!
けれどなにやらCDでドライバを突っ込んだり、キーボードにマウスを
直接繋げられない。
しかたなく本体のUSBにマウスを繋いだ。

しかし、なんとマウスがいままでより、スラスラ動くではないか!
こういう繋ぎ方はいままでしていなかったので大発見に見えてきた。
おそまつ話でした。

|

2008年5月 4日 (日)

AVP2

Avp2

エイリアンVSプレデターの2作目である。
1作目の最後は闘死したプレデターにエイリアンが感染していて
ベビーが生まれるところで終わっている。
その続きであるが、感染したプレデターの母船の小型宇宙船が
地球に墜落し、エイリアンとプレデターのハーフ、プレデリアンが暴れる。
ともあれ、この2つの稀なキャラクターがあれば、なにをやってもOKだ。
今回はプレデターの星が登場する。
とにかく残虐な場面が多い。
こりゃ、もうホラーだ。わたしゃ、大好きだ。
R指定ものか?

なにやら特典を見ていたら
エイリアンの星も作ったが破棄されたらしい。
「次で出してみたい」などと言っている。
まだやるのかな?

「姿をはっきり見せたくない・・・」と言っていたが、
こりゃ、暗すぎだよ。おまけに夜ばっかで、雨まで降らしちゃって。
暗すぎて何だかよくわかんな過ぎだよ。

|