カテゴリー「音キチ野郎」の30件の記事

2008年12月 3日 (水)

永遠の嘘をついてくれ


永遠の嘘をついてくれ
つま恋2006 吉田拓郎・中島みゆき

この2人はなんてかっこいいんだろう。

知ってる人は知ってる。中島みゆきと吉田拓郎の仲。
「中島みゆきはいつも拓郎の影を追っている」と言う噂がある。
拓郎と同じカメラマンに撮ってもらったりとか、いろいろと噂があるのです。
それは恋愛感情?なのかファン心理なのか?
そのことについて語られたことはないし、拓郎自身も語ったこともないはず。

この歌は中島みゆきが拓郎のために作った歌である。
作ったと言うか拓郎が中島みゆきに頼んだと言う話である。
「作曲のインスピレーションがもう出てこない」と言って頼んだと言うのである。

中島みゆきとしてはそんなことを言う拓郎など見たくもないだろう。
それで「永遠の嘘をついてくれ」となったのか?
それは想像にまかせましょう。


拓郎には奥さんがいる。
しかし、いい女ってのは世の中に沢山いるもんだ。
この2人同士に恋愛感情があるのか?わたしゃ「ある」と思っている。
しかし、そこは大人。摩訶不思議な仲、大人の恋愛なのでは
ないでしょうか?
だからこの2人の共演はありえない・・・と言うのが通説だったのである。
それを大っぴらに共演しちまった!「つま恋2006」。
お客さんは大喜び!
いともさわやかにやっちまった!
かっこいいよね。わかるかい?

拓郎の人気ってこういうところにもあるんだぜ。


永遠の嘘をついてくれ・・・・か。
くそぅ・・・おれっちみたいな嘘でかためた人生にゃ・・・たまらんなあ。
中島みゆきはすごいなあ。

|

2008年12月 2日 (火)

ホームにて


ホームにて(ライブ)
中島みゆき


これはライブと言うより裏方の模様です。
こういうのけっこう好きです。
「ホームにて」は懐かしい。
中島みゆきっていいな・・・って思った始めの曲。
オーソドックスなフォークです。
若い人は知らないかもしれない。

|

2008年11月16日 (日)

もうひとりの俺


矢沢永吉 - もうひとりの俺(PV)

永ちゃんの曲で一番好き。
彼がJ-POPに与えた影響はそりゃ大きい。
でも若い頃のつっぱりトークはちょっと嫌気気味。
年とっていい語り口になってきた。


夜更けに一人で 思い出す今も
何の不安も なかったあの頃

大事な事さえ 置き去りにしてきた
自分を俺は 恨まないけれど

もう一度 光の道を駆け抜け
お前に会いたい

言葉にならない 切なささえも
心の底に 押し込み生きてる

I WON'T CRY! 涙など見せはしない
お前になりたい

できるなら 眼を醒まし旅に出よう
優しい夕日が 沈まないうちに

歌詞一部掲載


さて、TKが詐欺で捕まってしまって、J-POPがいかに金主義でやってきたか
わかる。良い歌を作るよりも流行歌、日本人が好むメロディで一気に儲ける。
そういうやり方がいつの間にか当たり前のようになっている。
だからスローバラードなんだろう。
しかし、本当のアーチスト(この言葉は嫌いであるが)ってのは日本に
まだまだ沢山いる。
永ちゃんもその一人。
このBLOGに載せてるのはみんなそんな人達。
古い歌も新しい歌もまだ何年経っても「いい歌だなあ」と思える歌を
歌っている人達なんだ。
そういう人を見つける音楽の楽しさってのは1つあるんだな。

大体、シングルを集めてBESTなんておかしくないかい?
二重取りじゃない?
昔はアルバムの中に隠れた名曲ってのがあってね。
ベスト10なんかにゃ関係なかったけどいい歌があったんだ。それをアマチュアバンド
がコピーして演奏してた。
それがおれっちが思う音楽ってもんだ。

永ちゃんには音楽へのつっぱりがある。
誰でもがもっていなけりゃならないつっぱりがあるはず。
けれど、それを持続させるのは難しい。
成し得た者が時代を超えられるんでしょう。

TKってほんとは才能豊かな人なのにね。金に浮かれておかしく
なっちゃったんだろね。
いと悲しきかな。

もうひとりの俺・・・なんだかTKに捧げる歌に聞こえてきちゃう。
始めは俺自身だったのになあ。

|

2008年11月15日 (土)

ウクレレウルトラマン

ウクレレウルトラマンは知ってたけど、この映像ちゃんとこれように
作ってますよ。すげえ!
バルタン星人大好き!

|

2008年11月10日 (月)

インターネットライヴ・彩風

イラヨイ月夜浜の彩風版です。
かおりちゃん、いい声してますねえ。
実はこの歌、BEGINよりわたしゃこっちの方が好きなんですよ。
しっかし名曲です。
インターネットライヴっていいですね。
これは無名のミュージシャン達にも大きな場になりそう。
そういうの見つけるの大好きなんで。

|

2008年11月 9日 (日)

水色

UA
水色

この歌好きなんですよ。

|

2008年11月 3日 (月)

パティ

Pattie

ジョージ・ハリソンは一目惚れ。
エリック・クラプトンの「いとしのレイラ」「ワンダフル・トゥナイト」は
彼女に捧げられた曲だった…。

今はもう肥ったおばあさんになっちゃったけど、この表紙の若かかりし頃の
パティは確かにかわいい。
なにせモデルをしてたんだから。と言って絶世の美女と言うほどでもない。
わりとそこらにいるかわいいおねえちゃんと言う感じである。

その子がなぜ彼等を狂わせたのか?
別に彼女を憎んでいるわけじゃない。

ジョージはビートルズメンバー。そりゃ女に苦労するわきゃない。
エリックだってそうだ。2人とも、もともとハンサムだし、トップに君臨する
ロック・ミュージシャン。

その子がなぜ彼等を狂わせたのか?

ジョージとエリックは親友と言うより義兄弟のようだったらしい。
ジョージはエリックより3つ年上である。
その兄貴の妻に惚れちまった。彼は苦しみ歌にした。

「レイラ!愛しているんだ。だけど君は友の妻」

衝撃的である。そりゃ世間は大騒ぎ。
当時、世間はこう思ったに違いない。

「そんなにいい女なのか?」

会ったことがあるわけじゃないけど、たぶん彼女は男からすると
容姿もそうだが、性格もとてもかわいい女なのだろう。
男にはたまらない女なのだろう。
彼女はジョージと離婚後、エリックのもとに走った。

この女はなぜ彼等を狂わせたのか?

それが知りたくてこの本を読んでみたが、よくわからなかった。
彼女を最初に射止めた、ジョージはもう逝ってしまったし、
エリックも離婚してしまった。
疑問が晴れることはないだろう。


パティ・ボイド自伝
原 書 名/Wonderful todey
発 行 所/シンコーミュージック・エンタテイメント
著 者/パティ・ボイド ペニー・ジュノー 
翻 訳/前むつみ
税込価格/2,940円(本体2,800円+税)
発行年月/2008年9月
判 型/B6
http://members.fortunecity.com/pattiboyd/


|

2008年9月29日 (月)

ろっか・ばい・まい・べいびい


ろっか・ばい・まい・べいびい〜西岡恭蔵


ゾウさんこと、西岡恭蔵さん。
1999年、自宅で首を吊って自殺。享年50。
なんで死んじまったのかなあ。
バタ臭い顔だけど、いい声してます。味がある。


そして誰もが知ってる
プカプカ〜西岡恭蔵/大塚まさじ/高田渡/ムッシュかまやつ/坂崎幸之助
泣ける。


まだまだいいのあるけど、とりあえずここらへんで。
もっとみたい人は画面をダブル・クリックすると関連のYOUTUBEにアクセスします。

|

2008年9月27日 (土)

ブラザー軒

とつとつと聞いてください。


ブラザー軒
高田渡


そして・・・さすが、渡さん!

|

2008年9月13日 (土)

イラヨイ月夜浜


イラヨイ月夜浜-BEGIN

BEGINはいい。言うことなし。
イラヨイとは宮古島の「愛おしい」「大切にしたい」という方言。
沖縄の人は昼間は熱いから夜、月夜の浜辺でお酒を飲んだり、バーベキューを
したり、歌い、踊ります。そういう光景のことでしょう。
家でも飲みますが浜にも出る。
おじいやおばあが三線で島歌を歌い、踊り、夜の海を泳いだりします。
月夜に咲く花は美しい。

昼間に観光地外の浜辺に行くと、縄張りがしてあります。
こっちの花見と一緒です。
わたしゃ、これがリアルな沖縄だと思いました。

この歌は石垣島の泡盛酒造「請福酒造」のCMソングだったそう。


唄 BEGIN
作詞:大島保克 
作曲:比嘉栄昇 

唄(うた)しゃ達(たぁ)ぬ夜(ゆる)が更け
踊(ぶどぅ)しゃ達(たぁ)ぬ夜(ゆる)が更け
太陽(てぃだ)ぬ上るまでぃ舞(ま)い遊(あし)ば
イラヨイマーヌ舞(ま)い遊(あし)ば

月夜浜(つきやはま)には花が咲く ゆりのような花が咲く
青く白くもえてよ イラヨイマーヌ花が咲く

イラヨイマーヌ 桃(とぅ)ぬ花 イラヨイマーヌ キビの花
イラヨイマーヌ 木綿花(むみんぱな) イラヨイマーヌ 花が咲く

月(つき)ん灯(あかり)ん波に受け
戻(むどぅ)し戻(むどぅ)されくぬ浮世(うきゆ)
大和世(やまとゆ)までぃ照(てぃ)らし給(たぼ)り
イラヨイマーヌ照(てぃ)らし給(たぼ)り

イラヨイマーヌ 波にぬれ イラヨイマーヌ ながされて
イラヨイマーヌ 照(てぃ)らさりて イラヨイマーヌ ながされて

イラヨイマーヌ 桃(とぅ)ぬ花 イラヨイマーヌ キビの花
イラヨイマーヌ 木綿花(むみんぱな) イラヨイマーヌ 花が咲く

イラヨイマーヌ 大和世(やまとゆ) イラヨイマーヌ 沖縄世(うきなゆ)

イラヨイマーヌ 花が咲く

|